お問い合わせ 025-290-7320 電話での受付(9時から18時) 【特典】家づくりの冊子をプレゼント

スタッフブログ

『床材によってはペットが腰痛に・・(T_T)』2015.11.25

最近は室内で犬や猫などのペットを飼われているご家庭も多いですね(#^.^#)

ペットは安らぎや和みをもたらしてくれますね。

そんなペットのなかでも日本国内だけで1,000万頭以上飼育されているという犬。

その8割以上が室内で過ごしているようです。

室内で飼育されている犬にとって、一番の問題点は「床」です。

日本で新築されている家の床の主流は合板フローリングです。

犬にとっては固い上に滑りやすく、

腰を傷める原因になっています。

また、高齢になった犬は、肉球の水分が減ってくるので余計に滑りやすく、

体を支えるために腰に負担がかかっている状況です。

室内犬の8割が、そんな症状で苦しんでいるといいます。

なんとかしてあげたいですね(^^)

もし、新築してから犬を飼う予定があるなら、

ムク材やペット用のクッションフロアなど、

足に優しい素材の床材を使ってください。

健康面から見て、一番いいのはムク材なのです。

しかし、ムク材は合板よりメンテナンスが大変です。

ですから、どれだけメンテナンスに時間を割けるかを考え、

それに合わせて使い分けるといいでしょう。

家族に良い影響を与えるために飼うペットですから、

長い間元気に過ごしてもらえるよう、床材には注意してあげましょうね。

犬を飼い始めた人が一番苦労するのが、病気やけがの対応だとか。

忙しい飼い主の場合、重症化するまで気付かないことがあります。

それを避けるために、最初の床材選びは重要です。

家族同様、ペットのことも考えて家づくりをしてみましょう!

今回は少しペットについてのお話でした(@^^)/~~~

PAGETOP