お問い合わせ 025-290-7320 電話での受付(9時から18時) 【特典】家づくりの冊子をプレゼント

谷澤ブログ

地震保険に関心はありますか?2013.07.09

 地震保険に関心を持つ人が増えています 

皆さん、こんにちは。

最近は「地震保険」に興味を持つ人が増えてきました。

それでもまだ、全員が加入しているわけではありません。

地震保険は、火災保険とセットでないと加入できない制度です。

ちなみに、2011年度末時点の加入率は26.0%です。

新たに火災保険に加入した時、同時に地震保険に加入した人は53.7%もいるんですけどね。

火災保険に加入している人なら、後から地震保険を申し込めるんですが、それを知らない人もいるのかもしれませんね。

ここで、地震保険の特徴について押さえておきましょう。

 ●火災保険を契約していない契約できない。

 ●家財・建物それぞれに契約できるものの、限度額が低い。

  (火災保険の契約額の30~50%までです)

 ●保険会社と政府が共同で運営しているので、支払い金が巨額になっても安心。

 ●保険料は、都道府県や建物の構造によって異なる。

  (木造・コンクリート造によって分類され、免震・耐震性能に応じた割引がある)

 ●地震や地震に関連した津波・火災だけでなく、噴火も対象になる。

 ●地震保険料控除がある。

  (所得税・・・地震保険料の全額。ただし最高5万円)

  (個人住民税・・・地震保険料の半分。ただし最高2万5千円)

支払われる基準は「全損」「半損」「一部損」の3つに分けられます。

損害の程度については、それぞれに細かい基準があります。

しかし、東日本大震災のように、あまりにも大規模な災害の場合、それぞれの家を細かく確認できません。

被害の大きさを考慮した措置がとられることもあるので、日々の情報収集は欠かせません。

不測の事態に備えて、契約したらすぐに、保険会社名や連絡先を、ケータイやメモ帳に記録しておくと安心です。

他の保険も、同じようにしておくといいですね。

皆さんが家づくりをする時、家族の安全を守る「家」だけでなく、家族の生活を守る「保険」のことも忘れないでください。

では、また次回(@^^)/~~~

PAGETOP