お客様の声ダイジェストへ

お知らせ

水回りリフォーム(その2)2015.09.01

水回りリフォームその2という感じで今回も進めていきます(^.^)

よく既存のタイル風呂をシステムバスに入れ替えをします。

その際に必ず隣接する洗面脱衣室も改装することが多いかと思います。

目的がシステムバスへの入れ替えの為、洗面脱衣室の方は簡単でいいよ!!

なんてお話もでてきます。

しかし後々、やっぱり洗面脱衣室が使いづらいなどということで、またまた工事に入るケースもあります。

システムバスへの入れ替え時には洗面脱衣室は本当に改善しなくて良いのかよく考えて工事を依頼しましょう。

そんなこともあり少し洗面脱衣室のお話です。

あなたは洗面脱衣室でどんなことをしますか?

洗顔、歯磨き、寝ぐせ直し・・・

人によっては、靴や服を洗ったり、赤ちゃんの沐浴をすることもありますね。

用途や家族構成によって要求はさまざま・・・

・洗面ボウルはできるだけ大きく

・シャワー付きが良い

・温度調整が簡単なものが良い

・背が高い家族ばかりなので、洗面台も高めが良い

などなど、いろいろな要求があるかと思います。

これらの要求の多くは洗面化粧台を取り替えるだけで解決できるものが多いです。

使い勝手の良い洗面化粧台に入れ替えるだけで毎日のストレスを減らすことができます。

使うたびにストレスを感じているなら、そろそろ替え時かもしれませんね(^.^)

また、洗面脱衣室の収納スペースの確保も考えましょう。

毎日使う化粧品やタオルの他、予備の洗濯洗剤やシャンプーなどの収納スペースなども考え、

収納棚が良いのか?引出しが良いのか?

はたまた洗面化粧台の収納スペースで事足りるのか?

などと、あなたの生活スタイルに合わせて考えてみましょう(^^)

その他、壁のタオル掛にタオルを掛けた際の湿気が気になる方は、壁との間を広くとれるタオル掛を検討したり、

タオルが当たる壁面にキッチンパネルを施工するなどの対策をすることで気になるカビ対策がとれることでしょう。

コンセントの数も重要なポイントとなりますね。

通常は洗面化粧台についているコンセント+洗濯機専用だと思います。

本当にそれだけで足りるのか?予備は不要か?

などということも考えていきましょう(^^)

洗面脱衣室でも色々おさえるポイントが多くありますね(^_^;)

あなたの住まいのお医者さんになれるようスタッフ一同、日々精進です(^.^)

住まいの困りごとなどありましたら、お気軽にご相談くださいm(__)m

では、また次回(@^^)/~~~

CIMG2540.JPG

1275.tif

PAGETOP